無題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ

海底地震研究の「権威」を詐欺容疑で逮捕 札幌地検(2006年)

札幌地検特別刑事部は1日、北海道大学の地震計5台などを権限がないのに売却したように装って
ノルウェーの大学から約2000万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで海底地震研究の第一人者で
元北大教授の島村英紀容疑者(64)=東京都練馬区=を逮捕した。

 島村容疑者は容疑を否認しているという。
 
調べでは、島村容疑者は北大地震火山研究観測センター長だった1998年9月と99年5月の2回にわたり、
北大の管理する地震計5台などをノルウェーのベルゲン大学に売却したように装って、
自分の銀行口座に計約2020万円を振り込ませ、だまし取った疑い。
(共同通信) - 2月1日18時41分更新



島村英紀裁判通信の読者の方々へ(控訴断念のご挨拶)

(執行猶予期間の4年が経過したときには犯歴も前科も消えるとはいえ)、私は今後、国から与えられた「前科一犯」の肩書を誇りとして生きていこうと思います。

しかしまた世界に通用した地震学者としての誇りも失っていないつもりです。今後も私は、地球科学や地球環境問題への発言を続けていきたいと考えています。「それでも地震予知は不可能だ」と。

日本が推し進めてきた地震予知研究が、じつは地震予知の見通しのないまま、「地震予知が出来る」を前提にして法律や防災の仕組みが作られてきたことを私は真正面から批判してきました。地震予知に膨大な予算を費やす人たちにとっては、私は邪魔な存在であったのかもしれません。

私が主張してきた「地震予知は不可能を前提として対策を講じるべきだ」ということは、ようやく政府や地方自治体の政策にも反映されはじめました。これからも、地球物理学者として、地震の被害を最小限に食い止め、国民の命や財産を守るために、いままで以上に、地震予知批判や、地震の正しい理解のための啓蒙活動を続けるつもりです。



地震学の世界的権威、詐欺罪で告訴されたがノルウェー側はその認識がなく裁判そのものの不当性も伺われる

政治ばかりではない、サイエンスにも冤罪
島村教授逮捕に抗議する
島村教授でっち上げ逮捕事件
島村英紀のホームページ




関連記事


人気ブログランキングへ


[Amazon]  原発のウソ 小出裕章    原子炉時限爆弾 広瀬隆    気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル



FC2Ad




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。