無題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ

相反する報道に左右されないための「ニュースの読み方」

名無しさん@お腹いっぱい。(一部改変):2011/04/07(木)

相反する報道に左右されないための「ニュースの読み方」
※民放テレビ局もエーシィーのコマーシャルも電力会社がスポンサーだから
都合の悪い事は言わない。国民の味方ではない。
※NHKは初め政権側の意向に沿ったコメントを流していたが、
ここ二週間でキレて本当の事を言い始めた。←3/25ごろから
よって現時点ではNHKの水野解説委員の言うことが当てになる。
※NHKは通産省直轄の特殊法人で予算は国会の審議事項なので
局内に多数の天下り役員が存在する。
政権側の政治的配慮に満ちた報道を求められるも
「何人からも干渉され、又は規律されない」放送法3条1
「意見が対立する問題は出来るだけ互いの論点を報じる」
放送法3条2を盾に良識派が踏ん張っている状態。

4/7new→本当に国民の味方するのか、ただの政府広報スピーカーではないのか?
という声もあり。礼賛せず経過を見る必要あり。

※中部大学の武田教授も「知識を持った人が思うマトモな意見」を言う。
4/5new→テレ朝に武田先生の出演増。テロ朝よわばりされた局が思い直したか?
4/5new→他局も御用学者の出演減?局の上層部がヤバイと思い始めた?
ACの資金枯渇?経団連の圧力?
※某こども向け番組で人気のあった人は29日のテレビ特番からこっち、
「マトモな知識を国民に与えない」ことがバレで評判ガタ落ち
※その他の御用学者も「とにかく原発推進派の意向を受けた事」しか言わない。

正しい情報を得て自分を守ってください。
関連記事


人気ブログランキングへ


[Amazon]  原発のウソ 小出裕章    原子炉時限爆弾 広瀬隆    気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル



FC2Ad




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。